ビタミンCローションを処方している皮膚科もあるようですが、皮膚科で貰えるビタミンCローションは、どんな効果が期待できるのか調査しました。

(ニキビやシワのケアに効果が期待できる!)

皮膚科で貰えるビタミンCローションは、ニキビケアやシワケアの効果が期待できます。

・ニキビケア
ビタミンC誘導体は、活性酸素を除去する能力が高いため、ニキビができにくい肌へと働きかけます。

・シワのケア
コラーゲンの生成を促すビタミンC誘導体は、シワケアやニキビ痕ケアにも効果が期待できます。

皮膚科で貰えるビタミンCローションは、市販されているビタミンC誘導体よりも効果が期待できるので、ニキビやシワが気になる方にもおすすめです。

(シミやくすみにアプローチ!)

・シミやくすみに!
ビタミンC誘導体は、メラニンの合成を抑え沈着したメラニンを白くする効果が期待できるため、シミやくすみのケアにおすすめです。

また、皮脂の分泌を抑えるので、皮膚科で貰えるビタミンCローションは、毛穴の引き締めにも効果が期待できます。

皮膚科で貰えるビタミンCローションは、化粧水のビタミンCとは異なるため、『今まで色々な商品を試しても効果がなかった!』という方にもおすすめです。

ニキビやシワ、シミ、くすみ、毛穴などは、悩みを抱えがちな部分だけに、皮膚科で貰えるビタミンCローションは魅力的な対処方法と言えそうです。

ビタミンcローションの使い方は?

ビタミンcローションは、皮膚科で貰える物と市販されている物がありますが、それぞれの使い方について調査しました。

(皮膚科で貰えるビタミンcローションの使い方)

皮膚科で貰えるビタミンcローションは、下記のような使い方が一般的です。

・ビタミンcローションの使い方
朝夜1日2回洗顔の後に、3から4滴を塗る使い方をします。

ビタミンcローションを塗る際は指で顔全体に伸ばし、目に入らないように注意が必要です。

また、皮膚科で貰えるビタミンcローションは、容量や用法を正しく守る使い方が大切で、肌に合わない場合はただちに使用をやめ医師に相談してください。

・保湿を考えた使い方も!
ビタミンcローションは、塗布した後に肌が張ったような感覚になるケースがあるため、ヒアルロン酸やプラセンタ、コエンザイムQ10などを併用する使い方もおすすめです。

(ビタミンC誘導体化粧水の使い方)

皮膚科で貰えるビタミンcローションは、医師の指示通りの使い方が大切ですが、市販されているビタミンcローション『ビタミンC誘導体化粧水』は、下記のような使い方が一般的です。

・ビタミンC誘導体化粧水の使い方
ビタミンC誘導体化粧水は洗顔後に塗る使い方がおすすめで、洗顔後すぐに塗る使い方はビタミンcローションの浸透性を高めます。

また、1回で塗りきる使い方より2回から3回塗り足すような使い方がおすすめです。

・使用前はパッチテストの実施がおすすめ!
ビタミンcローションを使用する際は、事前にパッチテストの実施をおすすめします。

ビタミンcローションはニキビケアにもおすすめ?

ビタミンcローションは、皮膚科で処方されている物や市販されている物など色々ありますが、ニキビケアにも期待できるのか調査しました。

(ビタミンcローションはニキビケアにもおすすめ!)

ビタミンcローションに期待できる効果を調査したところ、ニキビケアにも十分期待できそうです。

・活性酸素に働きかける!
ビタミンC誘導体は、活性酸素を除去する能力が高いため、ニキビができにくい肌へと働きかけます。

・ニキビ痕のケアにも!
ビタミンcローションは、メラニンの合成を抑える効果が期待できますが、他にもコラーゲンの生成を促す効果が期待できます。

コラーゲンの生成を促す働きは、ニキビ痕やシワのケアに繋がるため、ニキビの悩みにもビタミンcローションはおすすめです。

(皮脂の分泌が多い方にもおすすめ!)

ニキビのケアは、アクネ菌対策や皮脂対策が大切なポイントですが、皮脂の分泌が多くニキビに悩むケースも多いようです。

・皮脂の分泌に働きかける!
ビタミンcローションは皮脂の分泌を抑えるので、アクネ菌対策と共にニキビのケアに効果が期待できます。

一方、ニキビ痕はシミの原因になるため、メラニンや肌環境のケアにアプローチするビタミンcローションは、ニキビ対策全般におすすめです。

・皮膚科で処方されているビタミンcローション
ビタミンcローションは、皮膚科で処方されているケースもあり、化粧水のビタミンCより効果が期待できます。

そのため、『市販のビタミンcローションだと、ニキビケアに効果がない!』という方は、皮膚科で貰えるビタミンcローションを試す方法も一つの選択肢だと思います。

ビタミンcローションを使うと肌が乾燥する?

皮膚科で貰えるビタミンcローションは濃度が高いため、肌が乾燥するのでは?と心配な方も多いと思います。
そこで、ビタミンcローションを使う際の乾燥対策について調査しました。

(ビタミンcローションは肌が乾燥する?)

ビタミンcローションは、皮脂の分泌を抑える働きがあるため、ビタミンcローション単体のみのスキンケアは、肌の乾燥が気になるところです。

・保湿成分との併用がおすすめ!
ビタミンcローションを使う際は、プラセンタやヒアルロン酸などの保湿成分を併用する使い方がおすすめで、肌の乾燥や刺激が心配な方は、濃度の低いビタミンcローションが良いようです。

皮膚科で貰えるビタミンcローションの場合、ビタミンC誘導体10%や2%のタイプがあるため、肌の乾燥や敏感肌などが心配な方は、医師に相談しながら決めることが大切です。

(ビタミンC誘導体化粧水を使う際の乾燥対策は?)

皮膚科で貰えるビタミンcローションと違い、市販のビタミンC誘導体化粧水はビタミンC誘導体の濃度が低い傾向です。

しかし、商品によってはビタミンC誘導体の濃度が高いケースもあるので、乾燥が気になる方はなるべく濃度の低いタイプを選ぶか、保湿成分が充実しているタイプを選ぶ方法がおすすめです。

・ビタミンcローションを使う際の注意点
皮膚科で貰えるビタミンcローションを使う場合、医師に相談しながら使用を開始できるものの、市販のビタミンC誘導体化粧水は自身の判断となります。

そのため、肌が乾燥している方や敏感肌の方は、使用する前にパッチテストの実施をおすすめします。

ビタミンcローションは市販商品と何が違うの?

ビタミンcローションは、皮膚科で貰える物以外にビタミンC誘導体化粧水の市販商品があります。
そこで、皮膚科で貰えるビタミンcローションと市販商品の違いについて調査しました。

(市販商品と処方されるビタミンcローションとの違いは?)

・皮膚科で貰えるビタミンcローション
皮膚科で貰えるビタミンcローションは、市販されているビタミンC化粧水より濃度が高く、その分高い効果が期待できます。

ただし、処方されているビタミンcローションでも、ビタミンC誘導体含有2%程度もあるため、市販商品より濃度が高いとは限りません。

・市販されているビタミンC誘導体化粧水
市販されているビタミンC誘導体化粧水は、商品によってビタミンC誘導体含有濃度は様々で、apps無配合の商品もあります。

そのため、『市販の商品を使っても効果がなかった!』という方は、皮膚科で貰えるビタミンcローションを使う選択も一つの方法だと思います。

(市販商品を選ぶ際のポイントは?)

皮膚科でビタミンcローションを処方してもらう場合、医師に相談しながら選択できますが、市販商品は自分の判断で商品を選ぶことになります。

・市販商品を選ぶ際のポイント
市販のビタミンcローション『ビタミンC誘導体化粧水』を選ぶ際は、ビタミンC誘導体含有濃度やapps配合・無配合などに着目する選び方がおすすめです。

市販のビタミンC誘導体化粧水は、ビタミンC誘導体含有濃度を表示していない商品もあるので、詳細を確認することが大切です。